新しいテーマパーク

人気のバリ島のサファリ&マリンパークを紹介します!
おととしの秋に出来たばかりのまだまだ新しいテーマパーク。
バリ島に今まで無かったのが不思議なくらい、バリ島の雰囲気にピッタリ、マッチしています。
このサファリパークはギャニャール県に位置しています。
クタからは約40分、サヌールからは20分程度。
ここの総面積は約50ヘクタール。
これはなんと東京ドーム10個分!!
この広大な敷地の中に約70種類の動物が棲んでいるんだとか。
パーク内ではトラム(バス)に乗ってサファリツアーを楽しめるほか、ライオンやトラ、オランウータンの赤ちゃんに触ったり、記念撮影もできる。 ロッジやレストランも充実しているし、プールもある。象や小動物のショーも見逃せない!!
見所たっぷりのこのテーマパークは子供だけでは無く、大人も楽しめる。
バリ島でたくさんの動物に癒されます♪
そして珍しい動物もたくさんいます。
例えば、ホワイトタイガー!!普通のトラは見ているだけでも怖い感じがするけど、この白いトラはなんだかお茶目で目が離せない。
つぶらな瞳やお鼻周りのプニプニもいいし、猫のような犬のようなやんちゃな顔がたまらない!!
巨大蛇も見もの!! そして、近じかコモドドラゴンも仲間入りの予定!なんと体長3メートルもあるそう!!
そしてなんと言っても一押しは動物との記念撮影!!
遠くから見るだけでは分からない、動物たちのぬくもりを感じることができる。 仔トラの赤ちゃんやオラウータンの赤ちゃんを抱っこして写真が撮れちゃいます!!
お腹がすいたら、ライオンをガラス越しに見ながらお食事できるレストランでランチ♪
そして、帰りには併設されている、お土産店で気に入った動物のぬいぐるみでも買って、日本でもそれを見て癒されてください♪
オープンからどんどん色んなアトラクションが増えてるので、一度いった方もまた行ってみてはどうですか?
バリ島アクティビティはカクヤス@バリで

アグン山のご来光登山

バリ島の素晴らしい朝日を眺めたいなら、
アグン山のご来光登山がオススメ!!!!
実は私は登った事がないんですが、
一度は絶対に登ってみたいんです!
標高は富士山と同じくらいで3,142メートルです。
形もどことなく富士山に似ています!
バリの霊峰と呼ばれるアグン山のご来光を見るには、
深夜1:30に出発して、明け方の6:00に山頂につきます!
そして、ご来光を待ちわびます~…
私も写真でしか見たことがないアグン山のご来光…
すごく感動する景色が広がっているはず!!
私もバリにいる間にぜったいに行きたいです!
登山の辛さも吹き飛ぶご来光をぜひ崇めたいですね!
バリ島でのんびりしつつ、見るところは見て周りたい!
そう思ったらぜひ「プサキ寺院」がよかったですよ^^
聖なる山・アグン山の中腹(標高900m)にあるバリ島最大で重要な寺院。
バリ人からも「母なる寺院」と呼ばれるほど重要とされているんです。
ヒンドゥー教の総本山で、30もの寺院から成り立っています。
それほどの規模はバリ島ではここだけかな?
とにかく敷地がとても広かったのが印象的でした。
残念ながらヒンドゥー教以外の人は中にはいることができない・・・。
まぁ仕方ないので入りたいっては思わなかったですね。
はじめから入れないとわかってるけどね・・・^^;
バリ島旅行、ブサキ寺院は行く価値十分あると思います。
ぜひ機会があったら観光してみてくださいねっ!

「キャニオンチューブ」

バリ島にはいろいろなアクティビティがありますが、まだ誰も知らない秘境アクティビティに挑戦してみませんか!?
そのアクティビティは、「キャニオンチューブ」。
バリ島「芸術の街」ウブド郊外にあるパヤンガン村北部、深く鬱蒼としたジャングルのシアップ川を小さなボートでゆっくり下るアクティビティです。
川下りとは言っても、ラフティングと違うんです。
まず、基本的に1人乗りであること。
そして、オールが無いので、流れに任せてゆっくり川下りを楽しむことがラフティングとは違います。
ジャンブルの中を流れる川を、新鮮な空気を吸いながら、ひとり乗りのボートで気軽に流れていくのは爽快ですよ☆
バリ島で、キャ二オンチューブをしてきました!
キャニオンチューブというのは、バリ島でまだあまり知られていない最新アクティビティ。
一言でいえば一人乗りのラフティング(川下り)のことです。
僕はこのキャ二オンキューブは、実は2回目です。
最高に楽しくて癖になりそうです。
ラフティングと違ってオールがないので、穏やかな川の流れに身を任せてゆっくりと進んでいくのが、マイペースな僕にぴったりなんです。
川の周辺は、緑豊かな大自然☆
日本では、こんな大自然に囲まれた渓谷で遊ぶ機会ってなかなかないですからね!
バリの自然を満喫できる、おすすめのアクティビティですよ!